サスペリアのあらすじ(1977年 ダリオ・アルジェント)

《あらすじ》

スージー・バニオン(ジェシカ・ハーパー)は、バレリーナ志望のアメリカ人。たった今、ニューヨークからドイツの空港に到着した。

彼女の目的は、フライブルクのバレエ学校に入学することである。夜11時近かったが、空港からタクシーで学校へと向かった。

外は豪雨で雷鳴がひびき渡っていた。
森の中をしばらく走ると、闇の中に深紅の校舎が姿をあらわした。スージーがタクシーを降りると、校舎の中から1人の若い女性が飛び出してきた。

「秘密…アイリスが3つ…青いのを回すのよ…」

女性はそう叫んだようだった。
怯えたようすの女性は、スージーの前から走り去ると、森を抜けて女友達のアパートへ駆け込んだ。友達から事情を聞かれた女性は、話しても信じてもらえないと言った。

女性は部屋に入っても落ち着きをとり戻せずにいた。窓に近づいて注意深く外をうかがうと、暗闇から2つの目がこちらを覗き込んでいた。女性の悲鳴を聞いて友達が駆けつけたが、部屋のドアは開かなかった。中からは激しい叫び声と物音がしていた。

スポンサードリンク

ひし形1

スージーはその夜、なぜか学校には入れてもらえず、次の日あらためて学校を訪れた。

面会できたのは、副校長のマダム・ブランク(ジョーン・ベネット)と教師のタナー(アリダ・ヴァリ)。近くには警察関係者がおり、昨夜恐ろしい事件が起きてパットという女生徒が亡くなったと聞かされた。校長は旅行中で不在とのことだった。

早速、その日から盲目のピアニスト、ダニエルの伴奏に合わせてハードなレッスンが開始された。

スージーはサラ(ステファニア・カッシーニ)と友達になるが、ある日寄宿舎の天井裏の食料在庫からウジがわき、部屋の中に落ちてくるという事件が起きた。校内は大騒ぎになり、生徒達はその日の夜だけ練習場の大ホールで寝ることになった。

まわりが寝静まった後、スージーとサラは旅行中であるはずの校長のうめき声を聞いた。

そして次の日の夜、2人は決まった時間に帰宅するはずの教師たちの足音が、学校内のある場所で消えていることに気づいた。その場所は玄関とはあきらかに方向が逆だった。

そのころ街の広場では、盲導犬の不手際で学校をクビになったピアニストのダニエルが首から血を流して息絶えていた。

スージーがここに来てから立て続けに起きた2つの事件。不審に思うスージーにサラが打ち明けた。亡くなったパットとは友達だったが、彼女が学校を飛び出す前に彼女から不思議な内容のメモをもらっていたと。そしてその内容を友人の精神科医に伝えたと言う。

640px-Suspiria_(film)
秘密の部屋に迷い込んだスージー(映画『サスペリア』より)

次の日、スージーがサラの部屋を訪ねると、中はもぬけの殻だった。タナーによるとサラは早朝に荷物をまとめて突然学校から出て行ったらしい。腑に落ちないスージーは、サラが言っていた精神科医のフランク・マンデル(ウド・キア)と連絡をとった。

直接マンデルに会うことができたスージーは、今まで学校で起きた不思議な出来事について相談した。するとマンデルは、サラから聞かされた学校の創設にまつわる不思議な言い伝えをスージーに聞かせた。

不安を抱えたままスージーが寄宿舎に戻ってみると、他の生徒たちの姿が見えない。スタッフに聞くとタナーがチケットを用意し全員ボリショイ・バレエを観に行っているらしい。

─ その夜、校内にはいつものように教師たちの足音が響き始めた。スージーは学校の秘密を暴くため、意を決して暗い校内に足を踏みだした。そして、捜し当てた秘密の部屋で、無残な姿に変わり果てたサラと再会した……

スポンサードリンク


[作品データ]

監督 ダリオ・アルジェント
脚本 ダリオ・アルジェント、ダリア・ニコロディ
出演者 ジェシカ・ハーパー、ステファニア・カッシーニ、ジョーン・ベネット、アリダ・ヴァリ、ウド・キア
音楽 ゴブリン
上映時間 99分