フレンチ・コネクションのあらすじ(1971年 ウィリアム・フリードキン)

《あらすじ》

ニューヨーク市警察薬物課の刑事、ドイル(ジーン・ハックマン)とラソー(ロイ・シャイダー)は、ブルックリンのとあるバーの前で密売人の男を張り込んでいた。

ドイルはサンタクロースに変装して近所の子供たちにお菓子を配っていたが、その荒っぽい捜査手法から仲間内では“ポパイ”と呼ばれていた。

突然、張り込みを察知した黒人がバーから飛び出してきた。同時にふたりも走り出し、街の片隅に追い詰めると暴行まがいの尋問を開始した。

仕事が終わってナイトクラブにくり出したふたりは、そこで複数のマフィアのボスがテーブルを囲んでいるのを見つける。その中でやたら札をチラつかせ羽振りのいい若い男にドイルが目をつけた。ドイルは疲れた顔のラソーを説得し、男を車で尾行することにした。その男の名前はサルバトーレ・ボカ(トニー・ロビアンコ)。妻とデリカテッセンを営んでいたが犯罪歴があった。

そのころマルセイユでは、フランスの実業家シャルニエ(フェルナンド・レイ)が、テレビタレントのアンリを仲間の殺し屋ニコリ(マルセル・ボズッフィ)に紹介していた。ニコリはすでにシャルニエを尾行した刑事を1人消していた。シャルニエはニューヨークのマフィア、ワインストックとの薬物取引でアンリを利用するつもりだった。

数日後、アンリと彼の車リンカーンがニューヨーク港に到着し、港にはそれを見つめるシャルニエとニコリの姿があった。

一方ドイルは、潜入捜査中の刑事から近々薬物の大口取引があるらしいとの情報を得る。さらに盗聴によってボカが外国人とホテルで密会する情報を掴んだ。狂喜するドイルとラソー。

ふたりは財務省の捜査官らとボカの尾行を開始する。そしてついに、ホテルでボカと談笑するシャルニエとニコリの姿を確認した。ボカと分かれた彼らをドイルとラソーは追いかけるが、警戒心の強いシャルニエに勘づかれ、地下鉄の駅でまんまと巻かれてしまう。

そして今度はライフルを手にしたニコリがドイルの命を狙い始めた……

スポンサードリンク


[作品データ]

監督 ウィリアム・フリードキン
脚本 アーネスト・タイディマン
原作 ロビン・ムーア
出演者 ジーン・ハックマン、ロイ・シャイダー、フェルナンド・レイ、マルセル・ボズッフィ、トニー・ロビアンコ
音楽  ドン・エリス
上映時間 104分