CURE キュアの解説(1997年 黒沢清)

 この作品は残酷なシーンのあるサスペンス・スリラーです。しかし、黒沢清のスタイリッシュな映画的文法によってつかみどころのない心理的な恐怖を見るものに植えつける、邦画の中でも稀有な作品となっています。

 この作品の見どころは高部刑事役の役所広司と間宮を演じる萩原聖人、この二人の迫真の演技です。高部刑事は取り調べで間宮に対して高圧的な態度に出ますが、プライベートでは妻が精神病を患っていて大きな悩みを抱えています。間宮はそこを巧みに利用し催眠術で自分の世界に引きずり込もうとします。役所と萩原の鬼気迫る対決は作品全体に異様な緊迫感を与えています。

 また、後半は現実の風景と心象風景が交差し、映画の中の立ち位置が曖昧になっていきます。観客は自分が間宮の暗示に掛かってしまったかのような不安な状態に置かれます。

 人の心を熟知している催眠術に長けた人物が、普通の人間を次々に狂わせていく恐ろしい世界を黒沢は独自の映像感覚で描いています。ラストは底の見えないゾッとするような結末が待っています。

■作品のモチーフ

 黒沢は作品を企画するにあたって、犯人を異常者として扱うものはたくさんあるが、ごく普通の人間が猟奇的な事件の実行犯になるといったものはまだ存在していないと思っていました。

 テレビニュースでも容疑者の過去の良い人ぶりが、関係者の「まさか、あの人が…」などの証言と共によく伝えられます。ところが、メディアは最終的に犯人は善人の仮面を被っていたと結論付ける場合がほとんどです。

 しかし、黒沢は元々普通だった人間が突然異常な行動をするというのが正しいと考えました。

 そして、『羊たちの沈黙』(91年 米)を見てある男が催眠術で普通の人間を狂わせて事件を起こすという話の骨格が生まれました。当初のタイトルは「伝道師」でした。……この後の CURE キュアの解説2 では、この作品のさらに詳しい内容に迫ります。

スポンサードリンク